ぜんぶ ぜんぶ なにもかも

いつだって君は最高!

もろもろ

若手俳優を好きになってしまいました。

 

観劇記録と読書・漫画感想、たまに乙女ゲー。

なにかあったら拍手までお願いします。→http://clap.webclap.com/clap.php?id=mmmememe

 

めめ

推しは一人までってお母さんと約束しました。

応援スタンス - いっすんさきはぬま

着て飾る、とか

お久しぶりです。めめです。
すごく感覚の空いた更新になりました。推しの現場がなかったから書くこともなかったっていうことはまったくなく、いくつか舞台もみて久々に面白い漫画に出会ったけれどもどうにも感想を書くこともアウトプットする気力がわきませんでした。その間に39度の熱は2回くらい出ました。面白いね(おもしろくない)


仕事と部屋の行き来、たまに実家に帰る。そんな2か月間を過ごしてやっと楽しみにしていた推しの公演を観れる日が近づいて、どんな服を着て行こう、せっかくだからお花も送ろうと久々に目的をもってショッピングモールへ。

ふと目に入ったエプロンと今年の定番のようなワイドパンツ、素敵な店員さんに話しかけてもらいテンションが上がったまま購入したショートブーツを帰りは片手に。エプロン、買ったお店のショッパーがアドヴェントカレンダーになっててすごくかわいい。初めて出すお花も、劇場のロビーで自分の花を探すのがもう楽しみ。

こんな風に何かが楽しみで、それに合わせて何を着ようとか、髪型どうしよう、メイク気合入れよう、とかしてなかったなぁ。

子供のころからかわいいと自分は一致しない、と感じていました。青とか、パンツとか、たぶんそのころから地味な服装だったな。小学生時代はメゾピアノとか、ベティーズブルーとか、かわいい服を着る同級生にあこがれるものの一度も親にそんな服を売っているお店連れて行ってもらったことなかったかもしれない。言い訳みたいだけれども。メイクも大学にはいってから、緊張しながらドラッグストアで買った道具をなんにも考えずに定番の道具をずっと使っていました。

俳優、舞台界隈の方ってメイクや服、身なりもこだわっている方や気を遣っている方が多いですよね。推しに会うから、だとか同担からの目線だとか、マナーだとかそんなの関係なしにおしゃれが好きだからとか。
数年前まで二次元在宅オタクだったために、現場に通うこともなく、背景に溶け込もうと当たり障りもなく地味にいました。
だから、当たり前のように服装の話だとか、メイクの話だとかが見えてくる俳優界隈にびっくりしてしまった、というかわたしはこの界隈の背景になじむことができるのだろうかって。自分の身なりを見直そうというきっかけはそんな義務感です。
劇場に行く、その前に服を買う。
服を選ぶことを厄介な作業くらいに思っていなかったのですが、ほんの少し自分がわくわくすることに変わってきたのかな。

 

そんなことをしていたら、いろんなものから自分で考えて選ぶ時間っていうのを久々に得ることができたんでしょうね。ずっとずっと閉塞感があった思考が少しだけ、解けたようなそんな気分で、なんとなくブログを書きたくなっていました。
もう少し時間の使い方をうまくできたらいいなという思いと、苦手でたまらない今の仕事もほどほどに頑張って自分のしたいことのほうに近づいていこう。

 

新しい洋服を着て劇場へ足を運びます。
次の目標はスカピンの感想、きちんと書くことです。

8/2 14:00・19:00 グランギニョル 観ました

グランギニョルみてきました。
TRUMPシリーズは刀ステ前にLILIUMをみただけの人間です。
推しも出演決定してシリーズ自体興味あったものの、忙しくて映像を見ることができず、「TRUMP観てない人と観てる人じゃグランギニョルの見方が変わる」なんてことをきき、(ならいっそ見てない人間としてみてみよう)ということになりました。
なのでこれはそこまでTRUMPを知らない人間からみたグランギニョルの記録としてご覧ください。

注釈含めグランギニョル、LILIUMのストーリーのネタバレがあります。観劇前の方はご注意ください。

 

 

grandguignol.westage.jp

 

後に残ったものは願いと呪い

最後のダリ(染谷俊之さん)の「負けるな、負けるな…負けるな」という言葉。妻フリーダと命の恩人スーから託されたウルに対する絶望に負けるなという強い願い。
物語の随所に出ていた”呪い”。階級や家名、種族、信仰、出生、生と死に至るまで物語に出ていたキャラクターたちががんじがらめになっていたものを呪いとも言い換えていましたね。物語の幕切れを飾ったウルにかけられた呪いに対してかけたこの言葉の強さが何よりも心に残っています。

あと、キャスパレが本当に素晴らしい!染谷さんと三浦さんの殺陣、そしてキャスパレへ!そんな冒頭だけで十分いいものみれたと思えるものでした。お気に入りは繭期組がかわるがわるワルツを踊るところとダリ、ゲルハルトが背中合わせになるシーン。*1

www.astage-ent.com

こちらの記事にキャスパレも一部入った動画があるので是非…!


シリーズ関連の布石がたくさんあるんだろうなぁと感じるセリフもちらほら。わたしがはっきりとわかったのはキキ関連のことのみ。キキを演じる田村芽実さんは『LILIUM』ではマリーゴールドを演じていたこともあり
予知の能力を持つオズがキキの遠い未来を予知するシーンで耐え切れず泣いてしまいました。*2
というか会場全体がすすり泣きで溢れていた。

 

キャスト別の感想

ダリ・デリコ/染谷俊之さん
染さま~!実は生で観るのは1年半ぶり…。普段の人柄や舞台上でのアドリブなどコミカルな印象が強かったのですが、本当すみません。この人、本当すごい…。
殺陣も素早くかっこいい!あと所作が、「この人、ずるい、わかってる…」という
ゲルハルトをのぞき込んで目を合わせるところとかそこでおちょくるような笑みも、おくるみをそっとずらすその時のほほえみも、意味合いは違えどときめかずにいられないほどきれいなんです。ずるい。

 

ゲルハルト・フラ/三浦涼介さん
本当美しい~!お顔もですが、頭のてっぺんから足の先に至るまで美…
ゲルハルト単体のシーンはもうそこだけ絵画のよう。
動いていてもきれいなんですよね。殺陣もですが、あの摘まむしぐさといいコートの扱い方がうまい。
立ち姿勢が横から見ると曲線を描くようなスタイルなんですよ。華麗なのはもちろんですが、”由緒あるフラ家の当主”そんなゲルハルトの意地と去勢を体現するような姿勢。

 

マルコ・ヴァリタス/栗山航さん
正直2回目最初に目にしたとき、憎しみがぶわっと出てきました。
憎い。憎いけど、殺陣がかっこいい~~~!とくにダリ&ゲルハルトとの立ち合い。あそこのマルコの殺陣は見蕩れてしまいました。

 

李春林/東啓介さん
やっぱり手足が長い。翻るチャイナ服の裾に心乱され2017 ~こいするサンシャイン劇場
こんな残酷劇の中でも大地に根を張る一輪の花のようなポジティブアピール、わたしの応援している方の運の巡りあわせが合いすぎて推しさんとのシンクロがすごい…(推し褒めは作風が違くなる)
素手での殺陣は素早く、やっぱり四肢が長いので見栄えがとてもいいなぁ。
ダンピールという彼自身も呪いと宿命をかかえながらそのことを理解し、まっとうしてじゃないかと言わんばかりの心意気。*3ちょっと陰鬱とした雰囲気のなかでも春林歌麿師弟は緩和剤でした。

 

繭期組  オズ/大久保祥太郎さん キキ/田村芽実さん アンリ/藤木修さん
キャラクターが特に強烈な3人ですが、繭期という吸血種の少年少女のむき出しになった無邪気さと危うさ、凶暴さが出てて本当この3人、すごい。
特に先ほど書いたキキ役芽実さん!キキの調子の外れた笑い声から「でも、愛してあげるわ」の陶酔したような声音もこの方、本当に10代…?末恐ろしい…
劇中歌も本当素敵。堂々たる歌声を披露する姿も輝いていました。

ほかにももっと書きたいこと(少ししかないけどレイン中級議員の殺陣に心を奪われていることとか)もありますが、手元にあるこれを見てきます。
f:id:memememmm:20170804014101j:image

 


 

 

 

 

 

 

 

*1:あのシーンで崩れ落ちゲルハルトにまとわりつくキャストは全員死亡するキャラクターというのがゾッとする

*2:ここのBGMがLILIUMの劇中歌、そして前半部でキキが言っていた「泣かないって決めたの」にシンクロするのがまた卑怯

*3:パンフの小説でどうしても過去が気になってしまい末満さんの8/2のニコ生をみたら最後の春林のセリフが胸にぎゅんとくる…

6/14 18:30「舞台 刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜」みてきました

やっと見ました「舞台刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜」!

本当に個人的なことですが、お恥ずかしながら初演再演ライビュ組で、今回初めて劇場でみれることになりました。しかも席が前列センブロ下手通路側、そう
推し東啓介さん演じる燭台切光忠のほぼゼロ位置。
正直いうとこの位置のおかげで推し定点ばかりしていたし、一度真面目にセリフをちゃんと聞き取れないほど推しをみていた。良席も悩みものですね。
なので今回の刀ステ観劇、推し俳優がとってもとってもかっこよくてキュート、立てばCLANP、歩けばパリコレ、ジャージでさえもオーダーメイドスーツ(総括)になってしまいますが感想でも書いていきます。

※ネタバレ有ります

※ほぼ感想です

 

舞台 刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜

会場 天王洲銀河劇場

日時 6/14 18:30

 

《ストーリーについて》
一回みたきりなので本当にうまく飲み込めてない!
特に2幕伊達政宗の見果てぬ夢による歴史改変の現場と山姥切と小夜の残る本丸が同時に進行していくためか、あっ今から本丸の続きか!みたいな切り替えが何度かあった。個人的には1つのお話を勢いのままやってほしい、暗転は少ないほうが好きなのですが、本丸の話1本でやったらだれそうだからなあ…。

主従の関係、伊達と細川の関係は本当に胸が熱くなるような素敵な物語だったし、伊達刀と歌仙の確執も和らぎ、思い悩んでいた小夜も新たなる決意を決めることができた。刀たちの成長物語もよかった~!
なのにいまいちすっきりしないところあって。
三日月が匂わせる本丸の試練とはなんなのか?
過去を変える敵と戦っているはずなのに未来に何が起こるのか?
そんな疑問が残ったまま。
というか全体に三日月の食えないイメージに拍車がかかってこの刀は何をしっているのか?何を考えてるのか?無表情が恐ろしい。
まさにパンフレットにも拡樹さんが言っていた通り「地球からみた月」。
実体をみているはずなのに、その地面では何がおっているのかわからない。照らされたところしか見ることができない。
義伝が終わっても刀ステの物語はまだ始まったばかりなんだと感じます。

 

 

《キャラクター/キャストについて》

倶利伽羅/猪野広樹さん

なんといっても目の演技がすごく上手い。
最初のシーンで他の部隊のメンツは戸惑うなか「伊達藤次郎政宗…!」と呟くのですが、その大倶利伽羅の表情がギラギラとしていたことが印象的。
あと殺陣が本当かっこいい!動き自体はとてもすばやく全身を使って荒々しいのですが、顔には表情がない。パンフレットには「戦闘マシーン」なんて表されていたけど、このギャップがまさしく…。

 

歌仙兼定/和田琢磨さん

というか歌仙さんの殺陣について書くためこの記事をここまでかいたくらい歌仙さんの殺陣が好きだ。
推しの殺陣以外は歌仙さんの殺陣を見てました。
歌仙さんのマント好きなんですけどもう風流だね…(風流じゃない感想)
特に如実に現れるのが三日月・歌仙共闘シーン。二人とも重心低め腰を落とした態勢。でもまったく違うタイプなんだな~とわかりやすい!
歌仙は両手でしっかり刀を持ち、振り切る刀さばき。一方三日月は相手の動きを読んだような素早い動きで舞うような殺陣。

 

山姥切国広/荒牧慶彦さん
やっぱり主人公のまんばちゃんはかわいい!
今回は本丸に残り、小夜に向き合うという立場でした。ので殺陣での派手な見せ場は少ないものの、前作では与えられたものに対して精一杯だった彼から小夜の悩みに向き合いぶつかって自分なりの答えをだす。

遠くを指し示して見守る三日月とは対象的ですが、そんなところも彼らしくて素敵だ。

しかもどのシーンもめちゃくちゃかわいいんだよね。割烹着と格闘する姿がキュート。

 

太鼓鐘貞宗/橋本祥平さん
燭台切光忠/東啓介さん

この二人が無限大の癒し。
ここの本丸の光忠は本当に精神が安定して大人な伊達男でかっこいいんだ…
「小夜ちゃんの笑顔がみたいな」なんていっていた光忠だけど、さだちゃんがきてくれたおかげでみっちゃん自身の楽しそうな笑顔が増えてわたしはうれしいよ?!
あと日替わり担当みたいな二人ですが観劇した回は遠足の
「黒いいがぐりしってるか~?
実はそれ、うにだぜ~♪」
「…うにだね~♪」
のやり取りがとんでもなくかわいかったです。
さだちゃんが今回新入りの刀ですが、繰り返す関ヶ原の戦という環境でメキメキと成長してそれが殺陣にも現れていることがすごい。
あと、一番最初の共闘が、本当に好きです!
あの殺陣を最初にみて(あ~!みっちゃんさだちゃん二人が揃った~!)って思いました。
もうひとつ小夜と貞ちゃん短刀コンビの殺陣シーン。ふたりとも全身をつかって迫力があったのでもっとみたかった…

 

伊達政宗/富田翔さん
片倉景綱/高松潤さん
本当この物語でめちゃくちゃ心引かれた。翔さん演じる伊達政宗がかっこよくてよかった…!圧倒的に華がある人だな~。

特に最後のシーンでは老成の伊達政宗の演技と小十郎の「ありがとうございます」にこもった思いの深さがじんときました。

 

 という感じの刀ステ初観劇です。さすがに乱戦シーンは圧倒されました…!

 こんなにも話を飲み込めてなくてでももっとじっくりコトコト煮詰めたい!と思うことは久しぶりなので早くライビュもDVDもきてほしい。

『ミュージカル 薄桜鬼 原田左之助篇』 観てきました

『ミュージカル 薄桜鬼 原田左之助篇』
4月26日 14:00~ @AiiA 2.5theater tokyo

薄ミュ東京公演のプレビュー公演を観てきました。
今回薄ミュ初観劇です。原作未プレイ、映像配信で沖田、土方篇、黎明禄、奇譚を見ています。
いわゆるマスコミ向けのゲネプロに客も呼び込んだ形です。なのであきらかに若手俳優っぽい方も集団でいたし、公演中にシャッターをきる音が聞こえるのも新鮮でした。

 

以下感想です。普通にネタバレあります

 

1幕目は客席通路からいきなりでてきます。びっくりしました。でっかい。2幕目からの全体のテンポは休みなく続いていきます。
一度はひとつの誠の旗に誓いを立てた仲間たちが、2幕からは自身が信じ選んだ道のため別々の場所で変化と激動の時代を生き抜くそれぞれの姿が垣間見える。
最期のシーンでは他の隊士たちは戦装束をきて、刀をもって戦う姿のあと、奥から着流しをきた原田と千鶴が子どもを抱えて出てきて、2人が描いていた夢のような所帯をもった姿で穏やかに終わるんですよ。
わたしは映像でみた奇譚の最後の土方と風間のシーンがとても好きなので、桜が散る演出がないの少しさみしいな、とは思ったのですが、羅刹の力を手にして武士として短い命を咲き誇るよりも、人として生き己の夢の道を突き進んだ原田らしいストーリー、演出だなと思います。

個人的に好きなシーンは1幕の山南さん(輝馬さん)のオンステージと2幕冒頭の原田の夢のシーンと風間(佐々木喜英さん)と山南、平助(木津つばささん)のシーン。本人の嗜好がにじみでていますが、山南が平助に抱えられるシーン、刀が落ちた位置が見事でこれ劇中ブロマイドでほしいなと思えるくらいです。

 

キャストについてなのですが、ともかく千鶴ちゃん(礒部花凛さん)の歌声が本当にすごかった。
男ばかりなのに歌で声が埋もれない。千鶴の声がちゃんときこえてくる。芯のある強い歌声。
自ら刀を振るうところもあって強い女性なのだろうけど、何度も何度も相手を思い不安になってしまう脆いところもあって見守りたくなってしまう…。原田との身長差もとてもかわいい。ベットシーンもキスシーンもなんだか少女漫画のような構図がもうときめく。かわいい。それ以上に斎藤一役の納谷健さんとほぼ同身長なので二人が並んでいるととてもかわいい。

原田(東啓介さん)、高身長に長物が映える…。洋装になると脚の細さと長さが際立つ。槍を振り回す豪快な動きのなかに、ちょっと優雅さがにじみ出てて好きです。背中を見せ続け千鶴を守りぬく、そんな姿勢が二人が背中合わせになるところで出ていたなと感じます。
不知火(柏木佑介さん)との殺陣はすごく見応えがありました。インタビューでは息が合いすぎる、みたいなことをお二人が仰っていたのですが、スピード感もあり柏木さんのアクロバットな動きに東さんの槍がぴったりあって爽快感がありました。

2幕になって急に好きになってしまったのは福山翔大さん演じる永倉新八
原田をめぐる三角関係…。最後のヤイサでは原田との言葉を胸にひとりで人として戦う姿が苦しくも眩しかったです。

初観劇ながらも池田屋御用改めの場面だったり、ヤイサの通常の原田パートの使い方だったりと前に映像で見たあの歌だ…!と思うところがいくつもあり、ファンにとっては嬉しい仕掛けなんじゃないかなぁと初心者ながらに思っていました。あとヤイサはなぜあんなに心が揺さぶられる曲なのでしょう。ヤイサヤイサヤイサヤイサ!!

それと本当に感想と関係ないのですが、薄ミュって乙女ゲー原作の舞台ミュージカルの中ではすごく丁寧でファンにありがたい構造だなって思います。個人ルート公演を1周やりとげて、しかも内容もイケメン回転ずしじゃなくってきちんとルート主人公を中心とした1本のお話になっているのが、乙女ゲー好きとしてありがたい。羨ましい。


先日発表されたミュージカルコードリアライズことコドミュが楽しみなのですが、それ以上にイケメン回転ずしじゃないよな…?と不安の募る日々です。コドミュ、衣装とセットはがんばってほしいな!チケットとります!