ぜんぶ ぜんぶ なにもかも

好きだけ食べて生きていきたい

『ミュージカル 薄桜鬼 原田左之助篇』 観てきました

『ミュージカル 薄桜鬼 原田左之助篇』
4月26日 14:00~ @AiiA 2.5theater tokyo

薄ミュ東京公演のプレビュー公演を観てきました。
今回薄ミュ初観劇です。原作未プレイ、映像配信で沖田、土方篇、黎明禄、奇譚を見ています。
いわゆるマスコミ向けのゲネプロに客も呼び込んだ形です。なのであきらかに若手俳優っぽい方も集団でいたし、公演中にシャッターをきる音が聞こえるのも新鮮でした。

 

以下感想です。普通にネタバレあります

 

1幕目は客席通路からいきなりでてきます。びっくりしました。でっかい。2幕目からの全体のテンポは休みなく続いていきます。
一度はひとつの誠の旗に誓いを立てた仲間たちが、2幕からは自身が信じ選んだ道のため別々の場所で変化と激動の時代を生き抜くそれぞれの姿が垣間見える。
最期のシーンでは他の隊士たちは戦装束をきて、刀をもって戦う姿のあと、奥から着流しをきた原田と千鶴が子どもを抱えて出てきて、2人が描いていた夢のような所帯をもった姿で穏やかに終わるんですよ。
わたしは映像でみた奇譚の最後の土方と風間のシーンがとても好きなので、桜が散る演出がないの少しさみしいな、とは思ったのですが、羅刹の力を手にして武士として短い命を咲き誇るよりも、人として生き己の夢の道を突き進んだ原田らしいストーリー、演出だなと思います。

個人的に好きなシーンは1幕の山南さん(輝馬さん)のオンステージと2幕冒頭の原田の夢のシーンと風間(佐々木喜英さん)と山南、平助(木津つばささん)のシーン。本人の嗜好がにじみでていますが、山南が平助に抱えられるシーン、刀が落ちた位置が見事でこれ劇中ブロマイドでほしいなと思えるくらいです。

 

キャストについてなのですが、ともかく千鶴ちゃん(礒部花凛さん)の歌声が本当にすごかった。
男ばかりなのに歌で声が埋もれない。千鶴の声がちゃんときこえてくる。芯のある強い歌声。
自ら刀を振るうところもあって強い女性なのだろうけど、何度も何度も相手を思い不安になってしまう脆いところもあって見守りたくなってしまう…。原田との身長差もとてもかわいい。ベットシーンもキスシーンもなんだか少女漫画のような構図がもうときめく。かわいい。それ以上に斎藤一役の納谷健さんとほぼ同身長なので二人が並んでいるととてもかわいい。

原田(東啓介さん)、高身長に長物が映える…。洋装になると脚の細さと長さが際立つ。槍を振り回す豪快な動きのなかに、ちょっと優雅さがにじみ出てて好きです。背中を見せ続け千鶴を守りぬく、そんな姿勢が二人が背中合わせになるところで出ていたなと感じます。
不知火(柏木佑介さん)との殺陣はすごく見応えがありました。インタビューでは息が合いすぎる、みたいなことをお二人が仰っていたのですが、スピード感もあり柏木さんのアクロバットな動きに東さんの槍がぴったりあって爽快感がありました。

2幕になって急に好きになってしまったのは福山翔大さん演じる永倉新八
原田をめぐる三角関係…。最後のヤイサでは原田との言葉を胸にひとりで人として戦う姿が苦しくも眩しかったです。

初観劇ながらも池田屋御用改めの場面だったり、ヤイサの通常の原田パートの使い方だったりと前に映像で見たあの歌だ…!と思うところがいくつもあり、ファンにとっては嬉しい仕掛けなんじゃないかなぁと初心者ながらに思っていました。あとヤイサはなぜあんなに心が揺さぶられる曲なのでしょう。ヤイサヤイサヤイサヤイサ!!

それと本当に感想と関係ないのですが、薄ミュって乙女ゲー原作の舞台ミュージカルの中ではすごく丁寧でファンにありがたい構造だなって思います。個人ルート公演を1周やりとげて、しかも内容もイケメン回転ずしじゃなくってきちんとルート主人公を中心とした1本のお話になっているのが、乙女ゲー好きとしてありがたい。羨ましい。


先日発表されたミュージカルコードリアライズことコドミュが楽しみなのですが、それ以上にイケメン回転ずしじゃないよな…?と不安の募る日々です。コドミュ、衣装とセットはがんばってほしいな!チケットとります!