ぜんぶ ぜんぶ なにもかも

いつだって君は最高!

2016年

昨年の記録

 

超訳朗読劇 我輩は猫である
 目の前を猪野さんが通過された。相手の猫の声優さん(お名前忘れてしまいました)の「まだないさん」がとてもかわいらしかった。

舞台「刀剣乱舞」初演(LV)
 ともかく好きになってしまった。

大正浪漫探偵
 廣瀬推しの友人と一緒に。よく話す廣瀬。北村さんの顔はきれい。

ClubSLAZY another world
 こちらもとにかく好きになってしまった。2日後に当日券に並んだ。過去作のDVDも買った。

Chorus Line
 なにか本格的なものも観たい!となって勢いで獲った劇団四季

超歌劇 幕末Rock 黒船来航
 とにかく楽しかった。ペンラを振って一緒に歌いました。糸川くんがかわいらしかった。

舞台「弱虫ペダル」箱根学園新世代、始動
 はじめてのペダステ。東京千秋楽。TDC3バルみた演出はきれいでした。

あんさんぶるスターズ on stage (LV)
 奥谷さんの羽風薫が大好き。櫻井圭登さんのしののんも大好き。忙しかった思い出。

金色のコルダ Blue sky プレリュード 至誠館
 輝馬さんの袈裟がみれる。丁度アフトがあった回でしたが、谷さんがファン状態でかわいらしかった。

ClubSLAZY final invitation garnet
 最高のエンターテイメント。Deepくんおめでとう。

ClubSLAZY Special Live(ニコ生)
 最高のエンターテイメント。ドラマ化おめでとう。

 

時系列はバラバラですがこんな感じでした。2.5ばかり…

思えば刀舞台をきっかけに染谷さんもいるし観に行こう!となった我輩は猫であるからこの月1の観劇生活がはじまりました。

今年もゆるく、できたら本格的なミュージカルもみてみたいな。

今後の予定としてはペダステは確定、薄ミュ、スタミュミュ、刀ステ新作が必ずいきたいもの。

アルターボーイズ、アルジャーノン、レミゼは観てみたい。

 

LV 舞台「刀剣乱舞」 虚伝 燃ゆる本能寺 観てきました

すこし遅くなりました、先日観に行ったライブビューイング、舞台「刀剣乱舞」再演。

昨年の12月から長いようであっという間の公演期間。やはり人気作だからか俳優さんたちのSNSも活発で毎日の供給に落ち着く暇もありませんでした。

内容についての感想は初演も観ていたので、書きません。再演になって印象に残った点についてだけ。 

 

公演当初から話題に上がっていた左右反転した立ち位置、変更された蘭丸の不穏な台詞(不動や椿の花)や血糊の演出等…再演といっても単なるリプレイに終わらせず、世界観をさらに広げいているところがすごい。

役者さんたちの演技も戻ってこられてそれぞれの技量があがってせいか見応えがありました!

殺陣は刀だけではなく足技も増えたり、前回よりも動きが増えた中で小夜(納谷健さん)が印象的でした。元々身体能力は高い方だなと思っていたのですが、再演ではともかく振りが早い。目が追いつかない。短刀で身体全身をつかって動いているけど、下半身がしっかりしているおかげでしょうか、あまりブレもなく、すばしっこくでも一振り一振り殴りつけるように重い、まさに短刀小夜ちゃん。

演技では、長谷部(和田雅成さん)。初演では全体的に仲間に対しても冷たい業務的な雰囲気があったのですが、再演では声音も優しくなっていたのも印象的。あの本丸のなかで仲間とともに過ごした時間や絆を感じられる暖かさ。なによりも不動が明智に刀を向けるシーン。LVではちょうど長谷部が抜かれていて、その表情が焼きついています。あのシーン信長を殺そうと企てた明智に刀を向けているわけのなのですが、不動が刀をふり下ろそうとするたびに長谷部が苦しい顔をして止めようとしているところが、本当に本当に脳裏から離れない。長谷部自身は信長を憎む/無関心を装うようなセリフをいっているのですが、それは本心ではないではないのか?長谷部彼にとっての本当の信長とはなんだったのだろうか?和田さんの長谷部をもっとしりたいと思える演技でした。

 

新作の方もPVが発表されましたね。伊達と細川!新しく加わる大倶利伽羅、太鼓鐘貞宗、歌仙兼定!以前鈴木拡樹さんが伊達の物語もやってみたいとおっしゃっていたことが本当になるなんて!元々のキャラクターたちの演者さんは全員続投ということで大変うれしい。6,7月が今から楽しみ。また大好きな作品に心躍らせる日々があるのがうれしいです。

 

初演も含め61公演、本当におつかれさまです。ありがとうございました!ここでいったん織田刀たち、粟田口兄弟とはお別れですが、あの本丸にはいつもいる、またいつか戻ってきてくれる日を楽しみにしています。

あけました

おめでとうございます

昨年は就活、最後のサークル演奏会、卒論、あとバイト先の倒産等いろいろありました。

正直将来に対して不安と不満しかない。現在決まっている就職先に不満しかないので、このまま就活を続けるか、開き直って働きながら自分のしたいことをするか…と悩んで立ち止まっています。悩むことって最近わかったのですがとんでもなく無駄だし、気分は下がるしいいことではないですね。あと世の中の人は割と自信を持って生きているんだな、って感じます。自己肯定がへたくそです。

 

そこで設けた今年の目標なのですが、

・書くことを習慣にする

・趣味の活動にもゆる~く目標をつける 同人でもWeb上の活動でもいい

・自分のやりたいことを(できる範囲で)やる

・生活習慣を正す

・吸収していく 身につけていく

です。

働くことにグレーな想像しかできないのですが、せめて仕事に少しでも愛着を持てるようになりたい。ぶっちゃけるとこの文字を打っていても泣きそうです。

ひとつのことにはまり込みやすく、まわりの環境に左右されやすいのでいろんな場所に自分を持っていたいです。ちょっとメンヘラなスタッフさんと一緒にいたときバイト中にパニックになってしまったこともありましたので…

視野を狭くせずに、ゆる~くのんびりと構えていきたいです。

とりあえず、やっと購入できた秀良子さんの新刊の感想を書きます。

それでは今年1年もよろしくおねがいします。

終わりました

先日、これまで所属していたサークルの演奏会を終えて、4年間のサークル活動も当日はあまり無事ではなかったのですがなんとか終わることができました。

正直、サークルこそ生活の4割くらい占めていたので引退して何をやろうか、途方にくれています。

推しさんを追いかけるのも楽しいのですが、なにかアウトプットできるものがないと無気力になってしまいそうでこわいのです。

なかなか時間のなさでできなかったイラストを描くことでも再開しよう。

ネタバレがある ClubSLAZYfinal invitation ~garnet~ 観てきました

観てきました、ClubSLAZY final invitation Garnet

わたしはAWが初のスレイジー。もっと早く出会うことができたらな~とも思いましたが、このような素敵な世界に出会えて本当によかったです。

集大成、でも全てが誰からみてもきれいさっぱりに終わってしまうわけではないのですが、だからこそ今もどこかで彼らのショーが続いているのではないかと感じられる、

それこそスレイジーらしいFinalでした。

 

 

 

 

ネタバレがある感想

 

 

見た後は、ともかく心が晴れやかで足跡も軽く消せてしまうほどの足取りだったと思います。

同行した方はまったくSLAZYを知らない方でしたが、歌がいいね!CD欲しい!と言っていただけたので単なるスレイジーのオタクでもうれしくなってしまいました。

スレイジー見ている最中はとにかく忙しいというか、ショーは歌にダンス、舞台ではたくさんの人の感情が詰め込まれているので、一回見ただけではすべて理解しきれない!

今は余裕がないのでできないのですが、今すぐ品川店にいってしました気分です。

品川クラブeXははじめていった会場なのですが、狭くても上品な雰囲気のある会場でまさにここがD.D.stX-24-7なのでは…?!CrazyGirlは低音がよく響いたり、CBさんの後半の楽曲ではミラーボールの光が会場に溢れてすごく幻想的な雰囲気がありとてもよかったです。

AWから入ったせいか最初にいたバラを持ったミスティック、DeepによるWillの話、EndがLonely Boogieを歌っているところで一緒に踊るShadowに大興奮してしまいました。過去の形はなくても心には存在して、今に続いていること、変わっても変わらないのがスレイジーなんだな。 (4thVP5thWillのお話をどうか…!)あとはDoBopのNJ特訓シーンのBGMの楽曲メドレーは本当にテンションがあがりました…!サントラもきいてみたい…

個人的には、終盤のBloomのあなたは知らないの演出が好きです。ステージに向かうBloomとその背中を見守るQ。Qが去ってBloomがこちらを向くとライトがつく。スレイジーの魅力って、華やかなショーに個性豊かで人間味のあるキャラクターたちの舞台裏なのですが、それをうまく表現していてそのふたつが地続きに合わさったようなあの場面がとても印象に残っています。

全体を通して素敵だなと感じたのはCBとQの関係。 たった一人で悲しむ見分けのつかないMysticにサテンのアンダルシアを貸すCBも、「Qちゃんごめん」と泣く自分のことも他人のことも厚く思いやれるCBって本当に優しくて最高な人だ~!Qちゃんは少し喰えない印象を持っていたので、でもCBのことを”お優しい方”と称するところに人間味を感じました。 外の世界を教えずにCB「羽を持ってまいります~♪」と告げるQが、かわいらしかったです。

あとDeep、本当におめでとう…! 彼がレイジーになってからは順風満帆とはいえなかったでしょうけれども、いつも愛に包まれた人。 スレイジー自体浅く見えて実は深~い世界でそれを一番体現したようなDeep。 新曲でDeepが笑顔でサヨナラを告げるお祝いの歌を明るく歌ってくれたことがよかった!DeepがActのGarnet Starの歌詞の一部を歌っていることに少し特別なものを感じてしまう。 別れのCelebrationという歌詞を聴いたとき、一気にあぁ終わっちゃうんだな…と切なくなってしまいましたが、それでも笑顔でステージから手を振っているレイジー、NJたちをみて彼らは今でもスレイジーでショーも裏側ではゆるい毎日を過ごしていくんだろうって思うことができました。また傷ついたら招待してほしいです。

 

ともかく最高のショーをありがとうございます。

役者さん方のツイートをみていると本当にハードな舞台なんでしょうね…どうか千秋楽まで無事にやりきってください。

年末のライブも楽しみだ~